Your SEO optimized title

借金返済主婦ブログ

相次ぐ金銭がらみの事件に借金まみれの私が思うこと

投稿日:2017年4月27日 更新日:

最近、急に大金が盗まれるニュースが増えましたね。実は私恥ずかしながら金融関係の職場で長く働いていました。さすがに3億円までの大金を現金で見る機会はあまりなかったのですが、1億円ぐらいでしたら、さほど珍しくはなかったです。

恥ずかしい話しですが、実は金融機関で働いていたことがあります

今となっては3万円でも大金です。某タレントさんみたいに相手の弱みを握っていたらそれをネタに借金をせびるかもしれないです。

ただ、当時は人のお金には無頓着で、本当はいけないのですが、(大量の現金を持ち歩くときには、原則男性でした)仕事が忙しいときには、代わりに大金を持って銀行に徒歩やママチャリで預けに行ったりしていました。3000万円ぐらいは危機感もなく平気でしたね。小切手だったらもっと大金でも普通に歩いていました。

今の生活は、金銭感覚が麻痺してしまったのと現金を雑に扱った罰が当たったと思います。

さすがに億単位だとあまり現実的ではないので、犯罪に手を染めるって発想はありません。
あえて現実的は億単位のお金を手に入れる方法を考えるとしたら、独身だったら、後妻業興味ありますね。それ以前に、私が、相手の心をつかめるほど魅力的な人間かどうかという根本的な問題があります。

借金がらみで、他に気になる話題はこれ

そちらよりも興味があったのが、事件ではないですけど、ネットオークションやフリマサイトにお金を出品して稼いでいた人がいたことです。「クレジットカード買い物枠を買い取ります」の応用編ですね。

確かに借金を抱えている人の中には、クレジットカードの買い物枠はあるけど、現金がないという人が、たくさん居ます。私もそのうちの1人です。手持ち現金がないからとりあえずカードで支払いをして、とりあえず先送りにするというパターンですね。

今は、出品してもあっという間に削除の対象となってしまうそうです。

法律としてギリギリではありますが、お金を儲けられる人ってそういうアイデアが浮かんでくる人なんだろうなと思います。

ヤフオクは珍しい紙幣番号とか特別な物だったら、まだ出品できるらしいです。

ちなみにアラフォー以上の人しか知らないだろう10万円金貨は、プレミアは付いていないそうですよ。多分金貨としても10万円はあるのかな?自分やご両親とかが、当時大変な思いをして入手したと思いますが、今だったら、一番いいのは普通に10万円として使うことです。

小心者の私

非現実ではない大金の絡む犯罪には手を染めないと思います。そういうのってオーシャンズシリーズみたいなイメージで、私みたいな小市民には縁がないし。でも、ちょっとしたお金の横領だったら後で返そうと思って使い込んでしまうかもしれません。今年は町内会の班長じゃなくてよかったなと思います。

広告

広告

関連記事

-借金返済主婦ブログ

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2018 AllRights Reserved.