Your SEO optimized title

貧乏家族の生活

偏食は貧乏の敵です

投稿日:2017年6月9日 更新日:

今日は久しぶりに夫が夕飯いらないというので、安売りしていた鶏の胸肉を買ってきました。胸肉をゆでて、実家からもらったキュウリと一緒にごまドレッシングで食べました。

普段は夫が鶏肉嫌いなので、食卓には上がりません。鳥全般が見るのも嫌なぐらい苦手なので、鶏肉も苦手なのです。つくねだけはタレでごまかされて、見た目も鳥っぽくないのでギリギリOKです。肉ならやっぱり牛肉でしょう!という贅沢主義なのです。子供の頃から贅沢な物を食べて育っているわけではなく、逆に食事はどちらかというと質素だったようなので、そのあたりは反動なのかもしれません。

鶏肉は安いし、ヘルシーなので食卓にはもっと取り入れたいのですが、そんな理由で献立には悩ましいところです。私や子供も苦手なものはありますが、これほど献立に影響がある物ではないので。。。

貧乏なのに、更に選択肢がなくなるんです

偏食がひどくて、その食材を抜きに作るということはやっかいです。食費の節約なんて特に考えることがなかった頃も悩みましたが、今みたいに食費を削る必要があるのに食べられない食材があるなんて、本当に献立には毎日悩まされています。朝起きた段階で今日の夕飯どうしよう?みたいな感じです。なので、アレルギーを抱えた家族がいて、かつ節約もしなくてはならない人は、本当に大変なんだろうなと思います。知人でお子さんが小さい頃、アレルギーだった人がいるのですが、アレルギーのためにいろいろ珍しい食材を買って食べていたので、お金かかって大変だったと話していました。

炭水化物は減らしたい

今日は久しぶりに鶏肉をたくさん食べたので、ご飯は控えめにしました。そうしたらいつもよりも食後に眠気が襲ってこないのです。いつも貧乏で炭水化物ばかり摂取しているから、血糖値のバランスが崩れて眠くてたまらないのかもしれませんね。私自身ほんの少しですが、空腹血糖値という値が若干高いそうです。治験の時にお医者さんに指摘されています。

医療費貧乏にならないために

そう考えると貧乏でも、偏った食事をとってばかりいると、不健康になって今度は医療費貧乏に繋がってしまうんだなと思います。鶏肉を使わずに節約出来て、ヘルシーなメニューを取り入れていかないとダメだなと感じます。でも、何がお薦めなのかわからないので、まずは検索から。やっぱり豆腐でしょうか?豆腐も安すぎるから値上げするかもしれないんですよね。

私の過去の経験から検索して満足してしまいがちなので、そうならないように頑張りたいと思います。

広告

広告

関連記事

-貧乏家族の生活

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2018 AllRights Reserved.