Your SEO optimized title

貧乏家族の生活

貧乏主婦だから、お金のことは慎重に考えよう

投稿日:2017年7月16日 更新日:

配達のアルバイトもいったん終了したので、ずっとほったらかしにしていた診断書を取りに行ってきました。

貧乏なのに、更なる大事件が!

姑の誕生日プレゼント代金の出費が必要になるとわかって、どうしようと悩んでいました ...

続きを見る

貧乏なのに、痛い出費でした

正直ダメだろうなと思いつつ書類を取り寄せて、病院に御願いしていたのですが、その値段に驚き!5000円オーバーの金額です。確実にもらえるかどうかもわからない給付金を請求するために、そんなに高額を支払わなければならないなんて、ショックでした。料金を調べてから御願いすれば良かったと後悔です。

なんとなくかかっても3000円ぐらいと感覚だったので、5000円オーバーは想定外の金額でした。後で病院のホームページを見たのですが、見つかりません。でも検索してみると保険会社に提出する診断書の金額はほとんどこの値段でした。多分、どこの病院もこの値段と既定があるのかもしれません。

これで、アルバイト代金の半分が消えてしまいました。ショックです。アルバイトは、再開するならお盆明けでもいいと言われているので、その頃に復帰しようと思います。スタート時間を遅らせてもいいのだったら、夏休み中でもシフトに入れるときもあるのですが、午前中に配達したい物をメインにやっているので、遅らせるのは難しいのではないかなと思います。今までの中でも、日によっては、団地に午前指定の荷物がないときには、団地はやらないで、近所のマンションや戸建てのおうちをドライバーさんと手分けして配達するときもありましたし。   
                    

アルバイトの収入も慎重に

配達のバイトはこれから先の勤務条件は、簡単に私だけでは決められません。扶養とか社会保険について以外にも世帯年収を考えないといけないのです。家族の手当ての一部は世帯年収など複雑な条件で決定されている物があるのです。その条件で数年前から一部の手当が変更になってデイサービスなどの費用負担が数万円単位で増えてしまって、更に家計を圧迫しているのです。なので、今回は慎重に決定しないといけません。ほんのちょっとの世帯年収増で、手当がもらえなくなってトータルで見ると赤字になってしまうことも有り得るのです。そんなことが気にならないぐらいに、私が稼げれば問題は無いのですが、中途半端な収入を得ることで手当が減額されたら本末転倒です。

しかも我が家の場合、自営ですので、実際の家計は、色々と複雑らしく。税理士さんに確認しなくてはいけないようです。運良く、近いうちに税理士さんに会う予定があるそうなので、調べてもらうことにしました。

マイナンバー制度導入で不安もあります

マイナンバー制度が始まって、これから先お金に関することがだんだんうやむやに出来なくなってくる気がします。少なくても収入については、給与所得としてもらう分はごまかしが利かなくなってきています。内緒の借金を返済するために、こっそり内職で稼ぐということも難しくなってきますね。FXとかも口座を開設するだけで、マイナンバーが必要となっています。近い将来、銀行にも全ての取り引きに必要になってくるとか。私みたいに一部旧姓でこっそり借り入れをしている人はその分も明らかになってしまいます。マイナンバー制度で内緒のお金が全て明らかになる前に、もう少し借金についてなんとかしないといけないと危機感を感じます。

広告

広告

関連記事



-貧乏家族の生活

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2018 AllRights Reserved.