Your SEO optimized title

貧乏家族の生活

貧乏主婦には痛手。まさかの3週連続!と

投稿日:2017年9月3日 更新日:

またもや先週会ったばかりの夫の友人ファミリーとランチしました。

近所に住むお嬢さんのところに会いに来たので、ついでということでしたが。今回も先週同様に別のお客さんも一緒。

このシチュエーション本当にいいの?という感じでした。

本当は●●だったんじゃないのかなー?と思ってしまうのです。

結論から言うと多分私の予想は当たっていた気がします。

奥さんがみんなでランチするのにいいお店が検索できなくって、このあたりに土地勘のあるうちも呼べばいいお店知っているかもと思ったと言ってました。

うーん、私ぐるなびでも渡部でもないのにな


でも、喜んでもらえました

今回は行ったことがないお店でしたが、時々前を通りがかっていて気になっていたところ。

行ってみたかったのと無難そうという理由で選びましたが、評判良かったです。

独身時代はネットがなかったので、情報誌愛読していました。

コスパのいいランチのお店、11:00からランチできるお店(当時の職場が11:00~と12:00~のお昼休憩を交互に取っていたので)、今でいう女子会にぴったりなお店。

昔の私、こういうの探して喜んでもらえるのが好きだったんだっけなと思い出しました。

今も好きだけど貧乏な私には、そういう情報は酷なので遠ざけるようにしています。

お返ししなくちゃいけないのに!

そして、前回豪華手料理をごちそうになってしまったので、お返しをしなくっちゃと近所でもおしゃれなスイーツのお店で奮発して手土産を購入しました。

だけど、ここで、夫の手痛いミス。

その手土産をお嬢さんに渡してしまったのです。

うちの夫もこの間ごちそうになったから、そのお礼にみんなで食べてとか言えばいいものを、単純に彼女に渡してしまったので、天然なお嬢さんは自分にくれたと思ってしまい、後で「すごく美味しいです!独り占めして大事に食べます!」とお礼のメールが。

なので、本来お礼すべき相手に渡すことが出来ず、次回会ったときにまた何かお礼しなくてはいけません。

どこでも売っているようなスイーツではないので、私の中では気合いを入れたお遣いものや手土産の時限定で買うようなところなのに。

そこの家族とは長い付き合いなのに、そんなことも気がつかないなんて、うちの夫もダメだなーと思いました。

彼女に渡していた段階で私はそうなることを予想していたのです。

今月はシルバーウィークもあるので、引き締めないといけません。

こんなペースで生活をしていたら、家計が更にピンチです。

それを防ぐためにも9月こそは節約しないと!

広告

広告

関連記事



-貧乏家族の生活

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2018 AllRights Reserved.