Your SEO optimized title

貧乏家族の生活

主婦の敵、夏休みシーズンになって、レジャー貧乏突入

投稿日:2017年8月2日 更新日:

本来は1泊の旅行に行っているはずでしたが、夫が自分で申し込みした宿を「天気が悪くなりそうだから嫌だ」という理由で、ドタキャンしてしまったために、予定外の何も予定が入ってない日、1日目でした。

とりあえず、代わりの行き先(日帰り)は決定していたのですが、そこまでの交通手段が予定外の出費でした。

予想外の展開に

当然車で行くと思っていたのに、時間が読めない(行き先で時間指定の予約があったので)のと早起きはしたくないという理由で、電車で。

電車でも目的地までは何度も乗り継いで家から目的地まで3時間以上かかりました。

帰りも出費が多くて、ショック

現地では、それなりに楽しめたのでそれはよかったのですが、帰る段階で来たときと違うルートで帰ろうと言われました。

来たルートが最短最安値なのですが、おそらく帰宅時間帯は混雑するだろう、疲れているからゆっくり帰りたいということに。

そのルートだと時間もお金もかかるのです。

座って帰りたいのだったら、来たルートでも始発なので、座れそうもなかったら、1台電車を待つとかすればいいだけの話しです。

説得しても譲らず、結局別ルートへ。

途中で乗り継ぎの時間がかかって待てなくなった夫がやっぱり元のルートに変更したいと。。。

ICカードで乗っているわけではないから、払い戻しが大変です。

もしかしたら帰ってこない可能性もあります。

なので、代わりに帰宅までの切符の手配を全部やるのだったらOKといったところ、「じゃ、いいやー」となりました。

家族の手帳の割引きも使っているので、普通にそれを使って購入するだけでも手間がかかるのです。

それだけでも面倒なのに、ルート変更による払い戻しがしたいなんて言ったら、駅員だっていい顔はしません。

それが予想できたので、やっぱりいいやということになったようです。

電車に乗り疲れてなんとか帰宅しました。

だけど、お財布に入っていたお金の減り具合からでも、ざっくりと諭吉の数が減っていることは、わかります。

そして今月末には再度仕切り直すお泊まりもあります。

この仕切り直しをどうにかキャンセルさせるように説得するつもりです。

夏休みは、レジャー貧乏なので、どうしても必要性が低くて、お金がかかる行き先は減らさないと。

8月の入金は使ってはいけないのに、ピンチです

8月はまとまった手当が入金されますが、弁護士さんにそれは使わずに、債務整理のための費用にプールしておくべきと言われています。

カードが使えなくなることが困るので、なるべく粘るだけ粘って債務整理への道を遅らせたいのです。

1枚だけ債務整理の対象ではないカード(アメックス)があるので、それが引き続き利用できれば年会費問題以外は、クリアできるのですが、使えるという確実な物もありません。

コープで高いプールのチケットも購入してしまったのです。次の難関のお盆はできるだけ節約できるように頑張ります。

(もちろん、仕事探しも並行して続けています。)

私もお世話になりました。

広告

広告

関連記事



-貧乏家族の生活

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2019 AllRights Reserved.