Your SEO optimized title

借金返済主婦ブログ

借金あるけど、転売もチャレンジしてみたい

投稿日:2017年10月9日 更新日:

昨年、日本を撤退した某ファストファッションブランドの服が好きだったので、海外通販が出来ないかと検索していました。

日本に出店する前は、確か日本へは発送してもらえなかったので、どうしても欲しかったらアメリカに住んでいる人や代行業者を御願いしなくちゃいけなかったので、あきらめていたんですが、日本に進出してうれしかったんです。

でも数年で撤退。

欲しいけど、アメリカには買いに行けないし、アメリカに頻繁にいく人も周りに今はいない。


日本発送OKになっていました

安いけど人とかぶることが少ないのも良かったんですが、海外なんてもういけそうもないなと思いつつ、ふと思いついて検索してみたら、今は出来たんです!

アメリカの流通業界、Amazonが今はあるからお店が減っているそうです。

だから、通販に力入れるようになったのかな。

以前は今よりも、もっと円高だったので、今探しているのとは違うブランド(ベビー服)を時々買っていました。

そこは大手デパートだったけど、送料も無料だったんだけどな。

海外に送るのに送料無料ってことは、あんまりないと思うのでかかるのは仕方ありません。

もちろん、送料がかかることは覚悟しています。

(でも、おととし某ブランドのブーツを購入したら、そこも無料だったな。)

試しに、送料がいくらぐらいになるのか、Tシャツ1枚を買い物かごに入れてみて、日本に発送してもらう設定にしたら、送料3000円以上でした。

セール品でUNIQLOよりも安い値段のTシャツ1枚にその送料はあんまりだけど、もっとまとめ買いして、着ない分は日本でオークションに出したら、送料分ぐらいは何とかなるのでは?運が良ければ儲かるかもってちょっと思ってしまいました。

多分今だったら、来月に家族のまとまった手当が振り込まれるので、少し大きな買い物をカードで決済してもやや平気。

原価プラス送料にわずかな利益ぐらいの値段にして、大きなもうけを狙わなかったら、売れるかも!

もともと自分が欲しいからついでに買い物の延長だし。


これも「せどり」とかになるのかな

そもそも「せどり」と「転売」の違いがイマイチよくわかってなかったりします。

在庫リスクがあるので、最悪自己消費できるレベルでの買い付けしかしないつもりです。

それと、こういう転売って本格的にやるなら、古物商の免許が必要なんですよね。

免許そのものは簡単に取得できるとききました。

だけど、自己破産したら、その免許もダメになるから、気をつけないと。

広告

広告

関連記事



-借金返済主婦ブログ
-

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2018 AllRights Reserved.