Your SEO optimized title

貧乏家族の生活

貧乏には辛い、医療費の立て替え

投稿日:

家族の手帳がまだ出来ていません。

昨年末、役所から更新手続きの案内が来ていたのですが、更新手続きのための手続きに忙しくて行く事が出来なかったのです。

年明けもすぐに行く事も出来ず、ずるずると後回しにしていたら、最後の最後で間に合わなかったのです。

受給者証が失効していることに今更気がつきました

先日家族を専門の病院に連れて行ったときに指摘されて、医療費の受給者証が失効していることに初めて気がついたわけです。

でも、今月中には新しい手帳が届くことになっていることを伝えたら、障害者専門で診察をしている病院なので、まあいいでしょうということで見逃してもらえました。

貧乏なのに立て替え払いは酷です

でも、今週は家族の通院ラッシュであと2回通院しなければならなかったのです。

今日行った病院は、対応してくれずとりあえず立て替え払い。

新しい受給者証が届いたら、役所に申請して後日振り込みです。

薬局も同じように立て替え払い。です。立て替えているだけで後日返金されることを考えれば、損はしていません。

けれども、医療費の立て替え分の請求は、診察を受けた月の翌月以降ではないと受け付けてくれないのです。

おまけに、振り込みされるのは、受付した月の翌月末です。

自己破産もほぼ確定状態の私に翌々月末の支払いまで立て替えなければならないというのは、酷な話しです。

おまけにお薬は3カ月分御願いしているのです

今日の分はお薬は1カ月分でしたが、明日行くもう1件の病院は、3カ月分。

怖いので薬価を調べてみましたが、ジェネリックがないお薬でした。

そういえば、いつも薬局でこの薬については、ジェネリックでもいいか聞かれたことがありません。

同じ症状に処方する薬でも、今までとは違う作用?で競合する薬がなく、若干高いそうです。

おまけに診断書も今回は御願いしないといけないのです。

まだ、薬は若干残っているので、診察を延期させたいところなのですが、診断書は早く提出しなくてはならないということ、予約を変更すると最悪3カ月先になってしまうかもしれないこと(多分そこまで極端ではないと思いますが、少し前までは新規の診療受け入れを停止していたぐらいなので)を考えると、やっぱり予約は変更すべきではない気がします。

今まで窓口払いをしていなかったうえに、診療明細ももらっていないので、実際にいくら支払っていたのかがわからないのです。

少し多めに現金を持っていくことにしますが(そこの病院はそれなりの規模の病院なのにカードも使えません)正直いくらかかるのか不安で仕方がありません。

そんなことが気になるような貧乏生活から早く脱出したいです。

仕事探しと家族の介護、お金と時間が無くて、ずっとメビウスの輪のようにねじれて同じ所をぐるぐるとあがき続けているだけの私です。

広告

広告

関連記事



-貧乏家族の生活

Copyright© 気軽なつもりの借金から貧乏生活へ , 2018 AllRights Reserved.